主婦の在宅副業はチャットレディがおすすめ!

在宅副業というと、労力のわりに稼げないようなイメージがあると思います。
昔からの手作業の内職や副業もありますが、私がしているのはインターネットを使ったチャットレディです。

ネットを使った副業も稼ぎにくいと思う人もいますが、チャットレディであれば頑張り次第で十分稼げます。
私自身、現在主婦で夫には内緒でチャットレディの仕事をしていますが、月に数日の数時間稼働するだけで5万円以上稼いでいます。
在宅なのでマイペースに出来ますし、用事があるときはしなくていいのが気楽ですね。
普通に外で働くよりも効率よくお金をもらえていてとても満足しています。

私が思うチャットレディの一番の魅力は、自分で自由に働く時間が選べることです。
インターネット上での仕事で、24時間好きな時間に仕事をすることが可能です。
主婦が在宅でのお仕事なので、外に働きに出る様々なストレスを味わう必要がありません。
夫が仕事で家に居ない昼間の時間に好きなだけ働くことができますし、夫が急に帰ってきてしまった時には、ボタン一つでチャットを終わらせることができます。
そのおかげで、今までチャットレディの副業をしていることを怪しまれたことは一度もありません。
お子さんがいる家庭の場合でも、学校や幼稚園に行ってる間にすることも可能です。

夫に内緒の副業なので、稼いだお金は100%自分のお小遣いにできているのも嬉しいです。
財布が常に潤っているおかげで、心に余裕を持つことができるようになりました。
経済的な余裕があると全然違います。
何に使っても誰にも文句も言われないし、趣味にもお金をかけて楽しむことが出来ます。

また、チャットレディは顔出しは必須ではありませんが、服に気をつけるようになりました。
金銭的に余裕もあるので、服を買い、お客さんに褒められてこちらとしても満足です。
普段からキレイにしているので、疲れた主婦感もなく、若く見られるようになってきました。
チャットレディをするようになって生き生きしてきたと自分でも実感しています。

主婦で家に居ても話し相手が居なくて暇だという人は、チャットで話すお客さんが話し相手になって良い気分転換にもなると思います。
気分転換になってお金も貰えるので、特にお喋りが好きな方にはオススメです。
仲の良い常連さんができると楽しく会話するだけでお金が簡単に稼げるので、続けるとより稼ぎやすくなるのも魅力です!
上手く空き時間を利用して楽しみましょう!
主婦 副業 稼ぐ

マーケティングは現代ビジネスマンの必修科目である

マーケティングは稼ぐための1丁目1番地であり必修科目である。
「なにを売るか?」
より
「誰に売るか?」
が大切なのである。

「なにを売るか?」はとても難しい・・・
他にはない物
他より安くできる物
そんな物はあまりない。

しかし、
「誰に売るか?」は「なにを売るか?」よりもはるかに簡単である。

マーケティングとは市場調査ではない。
マーケティングとは売る技術でもない。
マ-ケティングとは
お客様とのコミュニケーション」
なのである。

マーケティングとは
売れる仕組みづくり
なのである。

マーケティングとは
自力で稼ぐ時にも
自分の会社で成績を上げる時にも
必須の知識である。

しかし、マーケティングはシンプルに考えなければいけない。
急いでマーケティングの関連書籍を集めるために分厚い書籍を本屋で買い漁ってはいけない。
間違いなく消化不良を起こし情報の波におぼれるであろう・・・。

マーケティングはシンプルである。
自身のマーケティングで一番のヒントは一番」近くにある・
それは最初にあなたの商品やサービスを購入してくれた人である。

難しいマーケティングの本を何冊も読むよりも実践して欲しいことは
「うちの商品(サービス)をどうやって知ったのですか?
チラシですか?ホームページですか?口コミや紹介ですか?」
「うちの商品(サービス)のどこが気に入りましたか?
値段ですか?デザインですか?それとも・・・・?」

そうすれば思わぬお客様からの回答に驚くことは間違いない!
なぜなら、お客様からの回答はあなたの予想したこととはかけ離れている答えばかりだからだ。

「実はこんな使い方ができるから・・・」
「この古臭いデザインがいいんですよ・・・」
あなたが狙ったターゲットの顧客層ではないことも多いだろう。
あなたが最新だと思ったデザインが的を外れているかもしれない。
顧客はあなたの想定外の使い方をしているかもしれない。

また、お客様の購入の動機は商品(サービス)以外のことも少なくない。

「あなたがいつも笑顔だったから・・・」
「いつも挨拶してくれるから・・・」
「配達(納品)が早いから・・・」

お客様からの回答は最高のマーケティングの教科書である。
後はそのことを積極的にアピールしてその顧客に似ている人がどこにいるか?
を探すだけである。

マーケティングは実は具体的で楽しいもので苦にならないものである。
しかし、小難しマーケティングの関連書籍をたくさん読破して理解しようとすることは難しく辛いことなのだ。
耳穴型集音器 おしゃれ オリーブスマートイヤー