みずほ銀行カードローンの特徴について

みずほ銀行カードローンで借り入れする時に一番のメリットなのは、最大限度額の高さです。みずほ銀行カードローンの最大限度額は1000万円まで借り入れすることができます。これほど最大限度額が高い借り入れできる銀行はありません。

ちなみに、裁量規制という法律が日本ではあり、年収の3分の1しか借り入れできないとなっています。しかし、この裁量規制は消費者金融や信販などは適用されていますが、銀行には裁量規制外になっていますので、総額は1000万円までは借り入れできます。

金利面に関しては、消費者金融18.0%より遥かに低い14.0%です。他の銀行系のカードローンと比べると大差はないのです。最大限度額が高いので、おまとめローンにはおすすめです。

みずほ銀行カードローンは、口座を持っていないと借り入れできません。なので、早めの融資を希望している人は先にみずほ銀行の口座を作っておく必要があります。口座を新設するには、時間と手間がかかります。早めの融資を望む人にはあまりおすすめはしません。

みずほ銀行カードローンの審査は厳しめです。どこの銀行系カードローンの審査は厳しいので、近年で金融事故を起こした経験がある人は審査に通ることは難しいかもしれません。

三菱東京UFJ銀行カードローン、その特徴とは?

三菱東京UFJ銀行には2つのカードローンがあります。

1つ目は「バンクイック」

急な出費にもスピーディーに対応!

・最短30分で審査回答、申し込んだ日に借入可能

・銀行口座は開設不要

・インターネットなら24時間いつでも申込可能

・金利は安心の年1.8%~年14.6%

・限度金額はゆとりの最高500万円

・全国の三菱東京UFJ銀行・提携コンビニATMで利用可能

・借り入れ返済ともにATM利用手数料無料

・入会金・年会費無料

2つ目は「マイカード プラス」

普通預金口座のキャッシュカードが使用できる!

・自動融資機能があるので残高不足も安心

・インターネットなら24時間いつでも申込可能

・利用限度額は無理のない30万円、金利は年14.6%。

・全国の三菱東京UFJ銀行・提携コンビニATMインターネットバンキング等で利用可能

・入会金・年会費無料

では特に急いでお金が必要な方にピッタリな方法は?

それはテレビ窓口での申込が最短ルートです。

その場で契約、最短40分でカード発行できます。

テレビ窓口は、三菱東京UFJ銀行のATMコーナーに設置されていて

オペレーターと話しながら申し込みができるシステムです。

受取に必要なもの

・運転免許証(有効期限内・現住所記載の原本)

 運転免許証以外の本人確認書類ではテレビ窓口でのカードの受取は出来ません。

 学生の方は学生証も必要です。

・勤務先情報

 申込書に勤務先についての記入欄があります。

 勤務先の住所・電話番号・社員数・入社年月が必要です。

・収入証明書

 利用限度額が200万円を超える時に必要です。

・次のいずれか一点が必要

 ・源泉徴収票

 ・住民税決定通知書

 ・納税証明書

 ・確定申告書第

申込の受付時間・審査状況によっては審査結果が翌日以降になる場合もあります。

急な出費で困ったときにカードローンは強い味方です。

それぞれに魅力のあるカードローン、用途に合わせて使い分けたいですね。

三井住友銀行カードローンの特徴

三井住友銀行カードローンの特徴として、まず銀行系のカードローンですので総量規制を外しているという事が一番のキーワードです。年収の3分の1以上の借り入れも可能という事です。

あくまで可能ということですから全部が全部借り入れが出来るわけではありませんが、普通の消費者金融のカードローンに比べれば借りやすいのは借りやすいです。

そして三井住友銀行カードローンの良い点は、銀行のATMコーナーで申込も済んでしまう点です。消費者金融

に後ろめたい気持ちで入っていかなくても銀行のATMなら何て事なく他の皆さんも入っていますし。

大きいATMのある三井住友銀行の店舗ならだいたいATMのコーナーに無人機が設置されています。そこでカードローンの契約などが行えます。

カードローンの契約自体はその無人機で電話を取ってオペレータと話をしたり、機械の操作をして契約や登録を進めて行きます。

早ければ即日カードローン専用のカードを発行してもらいすぐにそのままATMで利用出来ます。私は事前に登録等を済ませておいたのでその無人機に立ち寄ってすぐにカードローン専用のカードを発行してもらい利用出来ました。その際に必要だった書類は身分証明出来るものと収入が証明出来るもの。この二点でした。