どれだけ頑張っても…

どれだけ頑張っても継承者の問題というのは解決するのが難しい問題と言えます。それはお墓についても言えそうです。今でこそ様々な埋葬形態のお墓がありますが。私たちが一般にお墓というとお寺や霊園に墓石をシンボルとしてその下に埋葬するお墓が連想されます。その形式のお墓は先祖代々、子々孫々と受け継がれていくお墓で、無くなることのないお墓と言えます。しかし、ライフスタイルが変化し、核家族化が進み、また少子高齢化という社会問題の結果、お墓を受け継ぐ継承者が居なくなる家庭が、増えてきました。また考え方というものも変わり、自分たちの死後子供や孫にお墓の管理をさせることへの罪悪感とでいうような考え方も出てきました。そういった背景の中、墓じまいをされる人が随分と増えてきています。それは、良いとも悪いとも言えない問題ですが、ただ社会の流れが、そのようになってきているということなのでしょう。墓じまいは今までのお墓からお骨を取り出して、今あるお墓を無くしてしまうことです。勿論取り出したお骨をそのまま処分することはできないため、他のお寺や霊園のお墓に埋葬し直すことになります。しかし、従来のお墓所謂一般墓から一般墓に移すのであれば、単に場所が変わるだけなので特に深刻なになる要素は少ないですが、一般墓からその他の埋葬形式のお墓に移すときに問題が顕在化します。一般墓から他の形態のお墓に変わるとは、今まで家族で供養・管理を行ってきたお墓を他のお寺や霊園にお願いするということです。それだけなら、お墓の管理の手間が省けて良いように思われますが、お墓の管理がお寺や霊園に変わるというのは、最終的に合祀され、他のお骨と一緒に埋葬されることになるわけです。それは、今まで家族で代々守ってきたお墓を無かったことにする行為です。そのことに申し訳なさを感じてしまい、どうしても改葬に賛成できない。そう主張する親族がいることは理解できます。また、改葬し今あるお墓を失くすということは、将来自分体が入るお墓がなくなるということで、必然的に(納骨堂の個別供養や、樹木葬などといった方法はありますが)最終的に合祀され複数の方と一緒に埋葬されることになります。合祀が良い悪いという問題ではなく単に個人の好みというか考え方に由来するものではありそうですが、とは言え反対される方はやはり一定数はいます。そういった背景から墓じまいを行うにあたってもっとも大変になるのは、親族との話し合いと言えそうです。【墓じまい】お墓を整理して埋葬し直す手続き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です