見込み客に送るDM、住所だけではダメだよ

自ら動きづらい副業では見込み客に送るDMを送るのは常套手段です。
dも、そのDM,帆あのDMの中に埋もれていてはお金をどぶに捨てるようなものです。
あなたの自宅のポストにもたくさんのDMが毎日毎日届いているはずではないですか?
でも、ほとんど開封せずにゴミ箱行きもすくなくありません。

ただでさえ小資金の副業なのですから開封率を少しでも高めるひと工夫を考えてみませんか?

■DM用の封筒を注文する時には社名のほかにもひとことなにか「メッセージ」を書き加えることが出来ないか考えてみましょう。

DM用の封筒をは注する時に多くの印刷会社でもsが名以外のことを印刷できますし、それであまり料金は変わりません。
※ただし、DM以外には使えないので注文する数量はシビアに計算しておきましょう。

そこに例えば
「大切なお知らせです、本日中にご開封ください」
とひとことあれば、見込み客の興味を引くはずです。
簡単な1行だけですが
「開けないとまずいかな?」
と手にとった見込み客の心理にも訴えかけます。

最近では封筒表面自体にチラシの商品内容の一部を印刷しているものあります。
これなら開封しなくても内容が伝わります。

さらに、なにか申し込みがあるものなら返信用の「記入漏れチェック」などを設けているケースもあります。
例えば
□ 印鑑(2か所)の押し忘れはありませんか?
□ 記入用紙は2枚入っていますか?
□ 写真の入れ忘れはありませんか?

こんなチェックボックスを封筒の裏面に記載しておけば必要書類の漏れや記入ミスを防ぐ効果も期待できます。

■ 最近ではその裏の裏の秘策も多い

こんな風にみなさんDM用の封筒にはいろいろ工夫されていましyが、私はあえてその裏の裏をよく用います。
それは、あえてどこの文房具店でも売っている茶封筒をDMに使うのです。
しかも送付先の住所も手書きです。
一見 なんの郵便かわからないような演出をするのです。
「なに?これ?どこからきたの?」
そんな疑問を感じたら、どうしても封筒の中身を確認したくなります。
開封しては初めて
「なんだ、DMかぁ・・」
ということになります。
あえてDM」に会社の臭いを消すと意外と開封率が上がることも知っておいてください。
もちろん、少々手間はかかりますが郵便料金を一括で払う方式ではなく1枚1枚切手を貼ります。
あくまで第三者からの手紙
そんな風に演出するのです。
DM」って開封されたナンボ!なんです。
でないとDMの効果がないのです。
ポケットワーク 体験 給料 いくら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です