元手の要らない情報ビジネスが副業に向いている理由

副業を考えている方の多くの悩みが「資金」です。
なにをするにしても「もとで(お金)」が必要だからです。
あのワタミの創業者の渡邊美樹会長が最初の開業資金を集めるために激務の宅配トラックドライバーで稼いだことは有名な話です。
しかし、最近は軍資金ゼロでも多くのベンチャー企業が誕生しています。
それはインターネットによる世界の仕組みが変わったからです。

あるベンチャーはプログラミングの知識があったので、それをiPhoneのアプリ開発をして大成功を収めました。
人気になれば、たとえ1件の料金は低額でもその市場の大きさはすさまじく一財産を築くことは可能なのです。
なにもこれはコンピューターの分野だけではありません。
なにかに詳しい得意分野があるとそれを情報にまとめて発信することでお金儲けができる時代なのです。
これを情報ビジネスといわれています。
多くの方がこの情報ビジネスで資金を稼ぐ、副業から専業にする方も増えてきました。
情報ビジネスとはまさしく「情報」をお金に換えるのですが、これがインターネットの普及でいとも簡単にできるのです。
ほんの少しネットで検索すれば、それこそ情報の洪水です。
ですから、そんな情報をおp金に換えることなんか難しそう?とも間mンが得るかもしれません。
しkさひ、同じ情報でも切り口によって同じことを言っているのに受け率人によって全く異なるのです。
このハマるお客さん探しが重要なのです。

しかも、これが実体験からのものだと説得力が増すのです。
会社を倒産させた経営者が「絶対に会社をつぶさないための3つのポイント」という情報を出したら説得力yがアルマスよね。
人ができない体験やノウハウを持っていれば、それだけでお金を稼げる情報なんです。

情報ビジネスの最大の利点は
お金が無くても展開が可能
なことです。
今までのあなたの経験やノウハウ
だれでもひとつやふたつは持っているものです。
要はそれをいかにうまくまとめて、そのことで悩んでいる方に売ることが出来ればそこにお金が生まれるのです。
自分にお金を摂れる「売れるタネ」がないか探してみませんか?
意外と身近なところに堕ちているものです。
ある方は「イカ釣り」のノウハウを情報にまとめて売りだしたら数百万円尾売り上げになったケースもあります。
売れる情報のタネは先入観に縛られずに考えてみてください。
自分が得意で他人が困っていること
あなたのアドバイスで助かる事
そんなことを一度100個探してみませんか?
その中の1個は必ずお金儲けのタネになります。
カイポケ 料金

マーケティングは現代ビジネスマンの必修科目である

マーケティングは稼ぐための1丁目1番地であり必修科目である。
「なにを売るか?」
より
「誰に売るか?」
が大切なのである。

「なにを売るか?」はとても難しい・・・
他にはない物
他より安くできる物
そんな物はあまりない。

しかし、
「誰に売るか?」は「なにを売るか?」よりもはるかに簡単である。

マーケティングとは市場調査ではない。
マーケティングとは売る技術でもない。
マ-ケティングとは
お客様とのコミュニケーション」
なのである。

マーケティングとは
売れる仕組みづくり
なのである。

マーケティングとは
自力で稼ぐ時にも
自分の会社で成績を上げる時にも
必須の知識である。

しかし、マーケティングはシンプルに考えなければいけない。
急いでマーケティングの関連書籍を集めるために分厚い書籍を本屋で買い漁ってはいけない。
間違いなく消化不良を起こし情報の波におぼれるであろう・・・。

マーケティングはシンプルである。
自身のマーケティングで一番のヒントは一番」近くにある・
それは最初にあなたの商品やサービスを購入してくれた人である。

難しいマーケティングの本を何冊も読むよりも実践して欲しいことは
「うちの商品(サービス)をどうやって知ったのですか?
チラシですか?ホームページですか?口コミや紹介ですか?」
「うちの商品(サービス)のどこが気に入りましたか?
値段ですか?デザインですか?それとも・・・・?」

そうすれば思わぬお客様からの回答に驚くことは間違いない!
なぜなら、お客様からの回答はあなたの予想したこととはかけ離れている答えばかりだからだ。

「実はこんな使い方ができるから・・・」
「この古臭いデザインがいいんですよ・・・」
あなたが狙ったターゲットの顧客層ではないことも多いだろう。
あなたが最新だと思ったデザインが的を外れているかもしれない。
顧客はあなたの想定外の使い方をしているかもしれない。

また、お客様の購入の動機は商品(サービス)以外のことも少なくない。

「あなたがいつも笑顔だったから・・・」
「いつも挨拶してくれるから・・・」
「配達(納品)が早いから・・・」

お客様からの回答は最高のマーケティングの教科書である。
後はそのことを積極的にアピールしてその顧客に似ている人がどこにいるか?
を探すだけである。

マーケティングは実は具体的で楽しいもので苦にならないものである。
しかし、小難しマーケティングの関連書籍をたくさん読破して理解しようとすることは難しく辛いことなのだ。

オリーブスマートイヤー 口コミ